2013.03.26 Tuesday

スポンサーサイト

0
    この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
    新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
    2013.03.26 Tuesday

    体罰教師はなぜ体罰を繰り返す 処分されても「更正しない」不思議(J-CAS…

    0
      体罰教師はなぜ体罰を繰り返す 処分されても「更正しない」不思議(J-CASTニュース)

      以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000008-jct-soci



      体罰教師はなぜ体罰を繰り返す 処分されても「更正しない」不思議


      J-CASTニュース 3月26日(火)19時36分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=jct'">J-CASTニュース 3月26日(火)19時36分配信







       部活動や生活指導での体罰が問題となって処分を受けた教師が、その後も再度生徒をたたく、蹴るなどしていた例が各地で報告されている。



       学校側の対応が甘いのか、教師自身に体罰がしみついているのか。専門家は、こうした教師にこそ生徒の「動かし方」をトレーニングする必要があると話す。



      ■体罰を受けて育った教師が生徒にも押しつける「暴力の連鎖」



       埼玉県教育委員会は2013年3月22日、県立高校の47歳の男性教諭を3か月間の停職処分にしたと発表した。部活中などに生徒8人に対してものを投げつけたり、足を蹴ったりしたという。別の4人の生徒には脅すような発言もしていた。報道によると、この教諭への体罰による処分は3回目だという。千葉県教委も3月6日、君津市立の中学の男性教諭(35)を戒告処分とした。野球部員6人に平手で頭やほほ、腹をたたいたのが理由だ。この教諭も2011年度に体罰で君津市教委から文書訓告処分を受けていた。



       京都市でも3月、男子バスケットボール部の顧問だった男性教諭(29)が、以前体罰で保護者に謝罪していたにもかかわらず再度部員をたたいたりしてけがを負わせ、懲戒処分となっている。



       バスケットボール部顧問による体罰が原因で2012年12月に生徒が自殺したとして問題になった大阪市立桜宮高校。それ以前にバレーボール部でも、顧問の男性教諭による体罰があった。NHKが2月12日に放送した「クローズアップ現代」では、当時の状況を振り返った。バレー部員が耐えかねて体罰の様子をメモにとり、学校側に訴え出たが状況が好転しなかったため、大阪市教委に談判。教諭は停職3か月となった。



       だが生徒側は、「復職後」に不安を覚える。校長は「自己反省は十分と見ている」と答えたものの、再発防止として教諭に行われた指導は「新聞記事や本を読ませた」程度。結局、根本的には何も解決しないまま、処分が明けて復帰した教諭はまたも、部内で体罰を再開したという。



       1度体罰で処分されていながら、なぜ同じ過ちを繰り返すのか。教師本人の資質の問題はあるが、東京学芸大学教育実践研究支援センターの小林正幸教授はJ-CASTニュースの取材に「暴力の連鎖、指導技術のなさ、子どもの集団の動かし方を学んでいない」といった要因を挙げる。「暴力の連鎖」とは、教師自身が体罰を受けて育ち、その「効果」で力や技術が身についたと信じていると、指導する立場になって今度は生徒に自分の「体験」を押しつけるのだ。







      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000008-jct-soci&p=2'">次ページは:説明不足なのにイメージ通りにならないと手を出す">http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000008-jct-soci&p=2'">次ページは:説明不足なのにイメージ通りにならないと手を出す



      2ページ中1ページ目を表示



      2013.03.26 Tuesday

      JAXA、航空機搭載バンド合成開口レーダ2の研究提案を募集(レスポンス)

      0
        JAXA、航空機搭載バンド合成開口レーダ2の研究提案を募集(レスポンス)

        以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000043-rps-soci



        JAXA、航空機搭載バンド合成開口レーダ2の研究提案を募集


        レスポンス 3月26日(火)14時5分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=rps'">レスポンス 3月26日(火)14時5分配信







        宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、航空機搭載Lバンド合成開口レーダ2(Pi-SAR-L2)を用いた研究提案を公募する。



        航空機搭載Lバンド合成開口レーダ2は、1996年〜2011年に運用されたPi-SAR-Lの改修版で、分解能を2013年に打ち上げられるALOS-2/PALSAR-2と同等にしたもの。



        JAXAでは、Pi-SAR-L2とALOS-2/PALSAR-2の実証、より広い分野に応用するための新研究分野の開拓、研究者の育成を目的として、国内の幅広い研究者からレーダを用いた研究提案を募集する。



        ALOS-2は、2013年度にH-IIAロケットによる打ち上げが計画されている。研究公募への参加は、国内の教育機関、研究機関、私企業、政府機関、その他団体の研究者も可能。応募者は2013年5月31日までに研究プロポーザルをALOS研究公募事務局まで提出し、その提案が採用された応募者は、研究代表者として研究用途で一定数のPi-SAR-L2データを利用することができる。



        《レスポンス 編集部》








        2013.03.25 Monday

        南侵攻時のシミュレーション動画まで公開 北朝鮮「戦争挑発」エスカレートの不…

        0
          南侵攻時のシミュレーション動画まで公開 北朝鮮「戦争挑発」エスカレートの不気味(J-CASTニュース)

          以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000004-jct-soci



          南侵攻時のシミュレーション動画まで公開 北朝鮮「戦争挑発」エスカレートの不気味


          J-CASTニュース 3月25日(月)19時24分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=jct'">J-CASTニュース 3月25日(月)19時24分配信









          ">http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000004-jct-soci.view-000'">


          北朝鮮の宣伝機関が公開した動画。空挺部隊がソウルに降下する様子を表現しているようだ





           北朝鮮が米韓軍事演習「キー・リゾルブ」に反発して朝鮮戦争休戦協定の一方的白紙化を宣言して以降、「今や言葉で相手する時は過ぎ去った」などと言動を過激化させている。



           宣伝サイトでは、戦争に実際に突入した際のシミュレーション動画まで公開しており、緊張がこれまでになく高まっている。



          ■金正恩氏「今や言葉で相手する時は過ぎ去った」



           国営朝鮮中央通信は、金正恩第1書記が朝鮮人民軍の部隊を視察する様子を連日のように伝えており、その内容が穏やかではない。例えば3月20日に米国の巡航ミサイル「トマホーク」の迎撃設備を視察した際には、正恩氏は、



            「今や言葉で相手する時は過ぎ去った、今、直ちにでも戦いが始まるなら、敵を容赦なく掃滅しろ、降伏書に判を押す者もいないように一人残らず撃滅しろ」



          と発言。3月23日に別の部隊を訪れた際も、



            「敵が気づく暇を与えず連続強打を加えて敵を容赦なく掃滅しろ」



          と、檄を飛ばした。



           3月21日には、戦争に突入した際のシナリオも示した。北朝鮮の宣伝機関「祖国平和統一委員会」が運営するウェブサイト「我が民族同士」が、「3日で終わる短期決戦」と題した4分程度の動画をユーチューブに公開。動画によると、3日間のシナリオは、このようなものだ。



           1日目は、砲兵部隊が命令を受けてから30分間にわたって240ミリ放射砲と中長距離砲25万発、地対地短距離ミサイル1000発を米韓連合軍基地に向けて発射。あわせて、軽歩兵部隊5万人が空と陸から、発電所や軍事施設に奇襲攻撃を仕掛ける。さらに、韓国に駐留している米国人15万人を捕虜としてつかまえる。米韓連合軍に致命的な打撃をもたらし、壊滅状態に陥らせると主張している。



           2日目は「南進総攻勢の日」と位置づけ、戦車4600台と装甲車3000台が南進し、兵士1万人が空から市街地に侵入して破壊工作を繰り広げる。動画では、ソウル市内を背景に空挺部隊が降下する様子が合成されており、



            「米軍太平洋司令部の部隊を、大量破壊兵器で先制攻撃し、一瞬にして制圧するだろう」



          というナレーションが入っている。



           3日目には、ソウルやその他の都市のインフラは壊滅し、戦闘は終了。北朝鮮軍が占領地の治安を維持しながらインフラの復旧を行う「安定化作戦」を行うとしている。







          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000004-jct-soci&p=2'">次ページは:1950年にもソウルは3日で陥落、動画は「ハッタリでも何でもない」">http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000004-jct-soci&p=2'">次ページは:1950年にもソウルは3日で陥落、動画は「ハッタリでも何でもない」



          2ページ中1ページ目を表示



          2013.03.25 Monday

          国家公安委員会と警察庁、2013年度の交通安全業務計画を発表(レスポンス)

          0
            国家公安委員会と警察庁、2013年度の交通安全業務計画を発表(レスポンス)

            以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000002-rps-soci



            国家公安委員会と警察庁、2013年度の交通安全業務計画を発表


            レスポンス 3月25日(月)6時30分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=rps'">レスポンス 3月25日(月)6時30分配信








            国家公安委員会と警察庁は3月22日、交通安全対策基本法の規定に基づき、2013年度における「交通安全業務計画」を発表した。

            [関連写真]

            この計画は、人命尊重を最重要事項に置き、安全で快適な交通社会を実現することを目的として、2013年度における道路交通環境の整備、交通安全思想の普及徹底、安全運転の確保、道路交通秩序の維持などの各種施策を一層総合的かつ強力に推進すべく策定された。



            内容としては、第1章〜3章で構成されており、骨子となる2章では次の9項目に及ぶ各施策が委細に網羅されている。



            1:交通安全施設等整備事業、2:交通安全施設等の整備・充実、3:効果的な交通規制等の推進、4:歩行者・自転車利用者等の安全の確保、5:道路交通のIT化の推進、6:交通円滑化対策の推進、7:交通需要マネジメントの推進、8:総合的な駐車対策の推進、9:災害等に備えた道路交通環境の整備。



            《レスポンス 平泉翔》








            2013.03.24 Sunday

            NHK堀アナの退職は「突然」だったのか 本人はツイッターで局へ「皮肉」?(…

            0
              NHK堀アナの退職は「突然」だったのか 本人はツイッターで局へ「皮肉」?(J-CASTニュース)

              以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000002-jct-soci



              NHK堀アナの退職は「突然」だったのか 本人はツイッターで局へ「皮肉」?


              J-CASTニュース 3月24日(日)14時52分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=jct'">J-CASTニュース 3月24日(日)14時52分配信








               NHKの退職が決まっている堀潤アナウンサー(35)が、自身の退職に関するNHK会見の内容に対し、ツイッターで不満をのぞかせている。



               放送総局長が、「(退職は)突然で驚いた」と述べたという報道を受け、堀アナは「突然…」と投稿した。ツイッター上では、「突然ではないでしょう」として、堀アナに対する同情の声も寄せられており、意外な参加者からの応援ツイートもあった。



              ■「端から見てると辞めさすように…」



               22日の定例会見であった石田研一・放送総局長発言は、毎日新聞のエンタメ情報サイト「まんたんウェブ」などが報じた。堀アナの退職について、「突然で驚いた。本人の強い希望なので、残念だが、いたしかたない」と述べたという。



               これに対し堀アナは3月23日、「突然…」というコメントとともに関係記事を引用するツイートを投稿した。



               堀アナは東日本大震災以降、ツイッターを通じて原発に批判的な立場からの発言を続けてきた。12年3月から1年間アメリカに留学している間、福島やスリーマイルなどの原発事故を追ったドキュメンタリー映画「変身」も制作したが、NHKはこの映画の上映中止を指示した。



               堀アナは3月16日のツイートで、「僕が制作した映画や一連ツイートの件で、春からの番組収録もペンディングだと告げられました」として上司と面談することを明かし、その数日後に退職届を提出した、という経緯がある。



               このため、堀アナが23日に「突然…」とつぶやいたことについて、これまでの経緯を無視した形のNHK側の「突然発言」に対する皮肉では、といった受け止め方も広がった。



               堀アナのフォロワーからは「辞めて正解ですね」「こんなにズルい発言てこの世にあるんですね」「勝手に辞めた感を醸し出してますが、端から見てると辞めさすようにもっていったのは局側のように思います」など、NHKを批判するコメントも多く寄せられている。高速増殖炉もんじゅの「非公式ゆるキャラ」としてツイートしている「もんじゅ君」も、「ぜんぜん…突然じゃないですだよね…。」とリプライを寄せた。








              2013.03.24 Sunday

              鳥取県警、アグスタウエストランド製の高性能ヘリコプターを導入(レスポンス)

              0
                鳥取県警、アグスタウエストランド製の高性能ヘリコプターを導入(レスポンス)

                以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000001-rps-soci



                鳥取県警、アグスタウエストランド製の高性能ヘリコプターを導入


                レスポンス 3月24日(日)8時30分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=rps'">レスポンス 3月24日(日)8時30分配信









                ">http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000001-rps-soci.view-000'">


                アグスタウエストランド AW109SPグランドニュー(参考画像)





                鳥取県警は3月21日、警察庁が購入し、同県警の航空隊に新しく配備されることとなったヘリコプターの就航式を実施した。アグスタウエストランド製の「AW109SPグランドニュー」で、習熟訓練を実施した後、今秋には既存機を置き換えるかたちで本格使用を開始する。

                [関連写真]

                今回、鳥取県警に導入されることとなったAW109SPグランドニューは最新鋭の電子機器を搭載した双発エンジンのヘリコプター。計器飛行(IFR航法)に対応したほか、4軸オートパイロットも備えている。最高速度は311km/h、吊り上げ重量は270kgで、鳥取県警が現在使用している「ベル206」よりも性能が大幅に向上した。



                警察庁はこれまでに20機以上のAW109Eを購入し、全国の都道府県警に配備しているが、性能向上型にあたるAW109SPグランドニューの配備は今回が初めて。昨年4月に兼松を通し、2機を発注しており、もう1機は佐賀県警に配備される予定となっている。



                同型機は鹿児島県のドクターヘリとしても使用されており、同じ距離であれば他機よりも早く到着し、同じ所要時間であれば他機よりも遠くまで行けるという性能の良さはすでに証明されている。



                鳥取県警・航空隊では今後、乗員や整備員の習熟訓練を進め、今年10月ごろから既存のヘリコプターと置き換えて本格的な使用を開始する予定だ。



                《レスポンス 石田真一》








                Calendar
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                25262728293031
                << May 2014 >>
                PR
                Selected Entries
                Categories
                Archives
                Links
                Profile
                Search this site.
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered by
                30days Album
                無料ブログ作成サービス JUGEM